SSブログ

シングル→ツイン勝手にアップグレード率 [hotel]

1ヶ月いろんなホテルを泊まり歩いて、
「シングルルームのご予約でしたが、ツインルームをご用意させていただきました」

と言われた率は、、、、、、

なんと4割7分6厘!

ほぼ2回に1回はツインということになります。
京王プラザは3ベッド、2バスルーム!!!

シーズンオフだったこと、「禁煙で、ネット対応の部屋で」と注文をつけたこと、
夜遅くのチェックインだったこと、等々が要因でしょうか。

まぁ、なんにせよ部屋が広いのはうれしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

総評です:札幌のベストホテルは [hotel]

今回、一ヶ月札幌のホテル暮らしをするにあたって、ホテルの選びの基準にしたのは、
「『わくわく』させてくれるか」。
ともすると、しんどいだけの出張ホテルをポジティブに、カラフルにしてくれそうなホテルを
勘で選びました。

さて、本来、なにかを評価するには基準が必要です。
「部屋は何平米以上あったか」「アメニティは何点以上そろっていたか」
「眺望は開けていたか」「ベルボーイが部屋まで荷物を運んだか」
なんてことを書き始めると、つまらなくなりそうなので、やめます。

今回の基準は:
「彼女(奥さん)と泊まりたいホテル」

同じ土俵で図るのは無理があるかもしれないが、
ダントツの一番はヒルトン小樽。

ロケーション、眺望、豪華なロビー、馬鹿でかい客室、すべてがスペシャルです。
ただし、札幌ではないし、どちらかといえば、リゾートホテルなので、番外横綱とでもして
おきましょう。
高級リゾートのくせに、足元にはダイソーやら、回転すしやらスーパーも取り揃える懐の深さ。
一日のんびりできます。
ただし、札幌出勤のおりには、朝食はあきらめることが必要です。

さて、札幌市内のホテルでいえば、ベスト3は割りと簡単。
ベストワンは「ノボテル」です。

しゃれた外観、抜群な眺望、スペシャルな気持ちにさせてくれるフロント~ロビー~EVホールの
空間、ひたすらセンスのよい広めの客室。
パーフェクトです。
LANの接続スピードも他を圧倒していました。
場所が中島公園なので、札幌出張族で札幌駅周辺に用事がある人は
ちょっと(それでも歩いても20分)遠いかもしれませんが、
その分十分おつりがくるゴージャスな気持ちにさせてくれます。

2番手は、「ホテルクラビー」

ここも客室が広く、インテリアデザインも素晴らしい。バスの大きさも特筆ものです。
目の前にサッポロファクトリーの夜景を独り占めする気分にさせてくれるのもいい。
ただし、ここもちょっと歩くと遠いかも。でもそれを差し引いても2位。

3番目は「ロテルドロテル」

ここは、ホテル名を変えればぜったいもっとはやるのでは。「ろてるどろてる」
なんて、早口言葉じゃないんだから。
すすきの上品エリアという最高の立地。街の喧騒の中の隠れ家っぽいつくり。
でっかいホテルだとこうはいかなくって、ひょいとフロントに入る感じがいいですねぇ。
普通の出張おじさんはあんまり泊まらないホテルですね。
ここに高速LANがついてたら間違いなく常宿にします。

以上3つのホテルは自信を持ってお勧めします。
なんといっても、観光大都市で、一流といわれる個性的なホテルが東京で泊ま
れる半額以下で泊まれる稀有な都市です。
皆さん札幌出張の折には間違ってもその辺のただ泊まるだけのビジネスホテル
に泊まっちゃだめですよ。
あと1000円足すだけで、ここに書いてきたホテルに泊まることができます。

あとは「ホテルモントレ」

はっきり言ってディズニーランドの世界ですが、女の子とくるんだったら、調度品が本格的で、
そこらへんのラブホに泊まるよりたぶん盛り上がります。
出張おじさん一人旅にはちょっとどうかな。たぶんへんなところに電話してしまいますね。
ビジネスにはLANがないのも致命的ですし。
最初に泊まったからすでに記憶はかすれ気味ですが、「モントレエーデルホフ」
も決して悪くはなかったです。
モントレには少なくとも哲学がある。いい悪いは別として。

あとは「京王プラザホテル」

なんといっても安い。5100円。
LANもちゃんとあるし。札幌駅からも割りと近い。目の前コンビニだし。
フロント~ロビー廻りも堂々とした一流ホテルのそれ。
これといって欠点のないホテルです。

「オテルドレーゼンサッポロ」。

ここも、ホテル名を即変更!
札幌駅からバスで40分とビジネスユースにはまったく向いていませんが、
ホテル自体のつくり、夜中までやっているスパなど、お手軽リゾートです。
ここも彼女と一日楽しめますね。
家族連れにも間違いなく最高。

まあ、わざわざもう一回泊まってみようかなと思うのは以上ですね。

あと名前だけは超メジャーなホテルも何件かありましたけど、上の
ホテルと比べると見劣りするなぁ。わざわざ泊まる意味を見つけるのは難しいです。

____________________________________________________________________________________________________________________________________

では最後に格言をひとつ。

「客室がいいホテルはロビーも立派である。
ロビーがいいからと言って、客室がいいとは限らない。」

含蓄があるなぁ。(自画自賛)

応用編です。
「家庭がうまくいっているときは、仕事もうまくいく。
仕事がうまくいっているからといって、。。。。。。」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

いよいよ最後~0428:札幌プリンスホテル [hotel]

宿泊料:1泊シングル 7000円
部屋の広さ:㎡
宿泊階:14階/28階
個別空調:あり
聖書:なし
その他:LANあり


さて、有終の美を飾るのは、先日札幌ドーム公演をはたしたあのローリングストーンズも
泊まった「札幌プリンスホテル」です。

値段は今回設定した限度額いっぱいの7000円。
これまでで一番高いですね。
そういう意味では最後っぽいか。

外観は新横浜プリンスそっくりさん。
円筒形です。

中がおもしろそう。

ロビーはモダンなデザイン。

中は、なんとアトリウムになってました。

EVは2バンクで、14Fまでとそれ以上(28Fまで)に分かれてます。
部屋の料金設定もそれで分かれているんで、わかりやすい。。。。
おそらくはミックたちは左側へ、低所得者は右側のEVにのります。

さて、右側のEVにのって14Fへ。。。。。。


このシースルーEVに乗ってアトリウムを眺める瞬間がこのホテルの
ひとつのハイライトですね。

なんか、東南アジアあたりの高級ホテルを思い出させる景観です。
(どうでもいいですが、梁型の出っ張り、ほこりたまりそう。掃除大変そうです。。。)

アトリウム側は廊下。

湾曲した壁面がホテルが円形であることを改めて強調します。

部屋は、またまたまたツインシングルユース。

思えば最初のモントレエーデルホフもそうでしたが、シーズンオフの札幌の
「ツインに変えときました率」はかなりのもんです。
これは別の機会に計算します。

部屋に入ると、扇形平面であることはあまり感じません。

デザインはまあ合格点をあげましょう。


眺望もなかなか。高層フロアはたぶん札幌の大パノラマでしょう。

また、ここは2Fに温泉もありますが、別料金なので今回はパスです。

ちょっと不便な立地もふくめ、なかなか、スペシャルな雰囲気をもったホテルです。

私的には最後を飾るに十分なホテルでした。

アクセス★★★★★
外観デザイン★★★★★
ロビー空間★★★★☆
客室からの眺め★★★★☆
客室広さ★★★★☆
客室デザイン★★★☆☆
ベッド★★★★☆
バス★★★☆☆
アメニティ★★★★☆
対応★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0427:札幌グランドホテル [hotel]

宿泊料:1泊シングル 6825円
部屋の広さ:㎡
宿泊階:5階/16階
個別空調:あり
聖書:あり


いよいよ、「北の迎賓館」札幌グランドホテルです。

本当は、明日の札幌最終夜をここで締めようと最初から予定してたんですが、
GW突入日からどっと料金が高くなり、一日前倒しとしました。


夜中の12時チェックイン。

チェックインの時は、へろへろに酔っていたため、宿泊帳に書く文字もいつにも
ましてミミズ文字です。
ここ一番のホテルに不本意です。。。

当たり前のようにベルボーイが荷物をもって部屋まで案内。
なんか、このホテルEVがいっぱいあります。

EVホールも異常な広さ。

あとで、ホテル内を散策してみたら、廊下が複雑に回遊していて、「本館」「東館」「新館」の
順に増築を繰り返して今の姿になった模様。
部屋の扉を見る限り、建てられた順に格調が下がっているようです。

私は「東館」の5階、駅前通り側。ツインのシングルユース。

まあまあではないでしょうか。


室内は、ややホテルずれしている私にはもの足りない感じもしますが、
必要な質は間違いなく確保しています。
カーペットもふかふかですし。

まあ、古いホテルの定めですが、バス回りも思ったより普通です。

たぶん、このホテルの真骨頂を味わうには「本館」泊まらないとダメなんでしょう。

アクセス★★★★★
外観デザイン★★★★★
ロビー空間★★★★☆
客室からの眺め★★★★☆
客室広さ★★★★☆
客室デザイン★★★☆☆
ベッド★★★★☆
バス★★★☆☆
アメニティ★★★★☆
対応★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

0426:アートホテルズ札幌 [hotel]

宿泊料:1泊シングル 朝食付 6850円(入湯税込)
部屋の広さ:㎡
宿泊階:8階/25階
個別空調:あり
聖書:あり
その他;温泉あり。LAN有(モデム貸出し)


中島公園シリーズを続けていたときに、一際スリムにそびえるこのホテルに
泊まってみたいな~と思っておりました。

値段もギリの6850円。
HPを見ると無料LANつき、温泉つきとよさそうではないですか。

わくわくしながらチェックイン。


ロビーはそこそこ格調高いですね。
しかし外観でも特徴的な円形のアトリウムは、レストランになっていて
ふらっと中にははいれません。残念です。

フロントで、
「LANケーブル貸してください。」
→「モデムが必要ですが、あいにくすべて貸し出し中です」
  →「。。。。。。。。。。。。。。。」

そういうところは、「全室無料LAN対応」とは書かないでほしいんだよなぁ。。
まぁ、いいけど。。

気をとりなおし、部屋へ。

例によって格安プランなので、25建ての高層ホテルですが、部屋は8階です。


部屋は最低限の広さ、内装はザ・ビジネス!って感じ。
はっきりいって、イケテル外装とロビーからは想像できないイケテなさです。

まあ、ここは温泉大浴場にでも入って、あったまってさっさと寝ましょう。
たしか露天風呂もあったはず。。。。。

で、ここはイメージとはうらはらに、3階に温泉があるため、部屋から浴衣+サンダルで
ロビー・レストランを除く館内がうろうろOKです。

まぁ、気が楽でいいんですが、EVで気合のはいったカップルなんかと、浴衣おじさん(わたし)が
乗り合わせたりすると、ちょっと気まずいですよね。。

ま、とにかく温泉大浴場です。
そこはホテルらしく、広々と清潔感にあふれ、極楽気分です。時計の針は23時30ですが、
出張おじさんで結構いっぱい。
お目当ての露天風呂、露天風呂。。。。

あれっ、。。。。。

ない!

内風呂とジェットバスとサウナと水風呂しかないっ!

?????

やや、煮え切らない思いで風呂をあがり、脱衣場で見取り図を見ると。。。。

ありました~~。

女湯に。

アクセス★★★★☆
外観デザイン★★★★☆
ロビー空間★★★★☆
客室からの眺め★★★★☆
客室広さ★★★☆☆
客室デザイン★★★☆☆
ベッド★★★☆☆
バス★★★★★(温泉大浴場付)
アメニティ★★★☆☆
対応★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★☆☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

0425:ロテル・ド・ロテル [hotel]

宿泊料:1泊シングル 朝食付 6500円
部屋の広さ:19㎡
宿泊階:6階/8階
個別空調:あり
聖書:あり
その他;ロビーで無線LAN無料


『アパレルメーカー・BIGIグループが「住」、つまり生活空間をターゲットとし「遊」、遊び
感覚を基点として札幌に誕生させたシティホテル、それが「ロテル・ド・ロテル」です』
(ホテルHPより)

ということで、デザイナーズホテル第2弾です。

ロケーションは「すすきの」の表通りから1本入った、表の喧騒を横から眺めるほどよい
にぎやかさ。
1Fはヨシエイナバのブティックで、ぱっと見ホテルには見えません。

内部はフロント、ロビーともにこじんまりとセンスよく。


客室は、外観でも特徴的な円筒形の部分。1フロアに1室ある半円形のシングルです。

インテリアはとても上質で、カーペットの感触も最高。

照明もやわらかで「居心地」がとってもよい。

部屋から見る夜景も、書くのも恥ずかしい「都会の隠れ家」感を増幅してくれます。


朝食は最上階のレストランで、きちんとサーブしてくれます。

大ホテルのど~んとしたロビーで、きちっとしたフロントでチェックインする瞬間は
たまらなく好きですが、こういう都心の別宅みたいな感じもとてもよいですね。

アクセス★★★★☆
外観デザイン★★★★★
ロビー空間★★★★☆
客室からの眺め★★★★☆
客室広さ★★★★☆
客室デザイン★★★★★
ベッド★★★★★
バス★★★★☆
アメニティ★★★★☆
対応★★★★☆
コストパフォーマンス★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

0424:キタホテル [hotel]

宿泊料:1泊シングル 4300円
部屋の広さ:15㎡
宿泊階:4階/8階
個別空調:あり
聖書:あり
その他:LAN有り


元祖デザイナーズホテル、キタホテル。
建築家黒川雅之設計です。

いろんなところで評判が良いので期待度大。

ロケーションは中島公園に面していて、外観がきれいに見える
建築にとっては素晴らしい位置。

一方、泊まる側にしてみれば、パークビューは部屋の割合からいって
3割程度。結局、部屋からは正面のマンションしか見えないことに
なります。

さて、ロビーはさすがにきれいに納めてあります。

計算されたライティングのもと床、壁、天井の素材が味わえるなかなか
素晴らしいデザインです。

んが。。。。。。
フロントの前にはガラスやら、お菓子やらのお土産コーナーと化し、竣工当初の
ストイックさを保つのはなかなか難しいようです。


部屋の扉は鉄扉。なんか、マンションみたいです。
部屋の中に一歩踏み込むと、足の裏からものすごい違和感。

床が「かたい」。。。。。

毎晩、違うホテルを泊まり歩いていると、想像と違う感触に敏感に反応
してしまいます。
コンクリート直押さえの上に薄手のカーペット。
そのカーペットもところどころ、色が抜けてて、ちょっとわびしい。

バスもちょっと狭いですね。
なにせ、便器が邪魔で洗面台の正面に立てない。
はすに構えて歯磨きです。。
ウォシュレットもなし(これは札幌初!)。

共用部はいいんですが、客室をそろそろなんとかしたいところですね。
「10年前に泊まりたかった!」っていうところでしょうか。

アクセス★★★☆☆
外観デザイン★★★★☆
ロビー空間★★★★★
客室からの眺め★★☆☆☆
客室広さ★★☆☆☆
客室デザイン★★☆☆☆
ベッド★★☆☆☆
バス★☆☆☆☆
アメニティ★★★☆☆
対応★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★☆☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

0423:ヒルトン小樽 [hotel]

宿泊料:1泊ダブル 6300円
部屋の広さ:32㎡
宿泊階:12階/18階
個別空調:あり
聖書:あり
その他:LAN有り(有料)

ノボテルであがったテンションがクラビーへと続き、全日空で一旦落ち着きましたが、
今日は再び、ぐっとテンション上がりました。


はるばる電車に乗り、小樽へ。

小樽築港駅前の「ウイングベイ小樽」の中に聳え立つ「ヒルトン小樽」が今日の宿です。


ロケーションはマリーナの目の前。絶好です。
ただし、私はシティビューの安い部屋を予約。
現地をみて、金をけちらずオーシャンビューにすればよかったと少し後悔。

フロントはなかなかゴージャスでヒルトンしてます。

フロントから部屋までは女性が案内。ここでは荷物を持たれてしまいました。

部屋は広~い。

これまで最大の京王プラザトリプルルームに次ぐ広さです。


什器や照明器具も全てきちんとデザインがなされているし、洗面台も大理石。

ベッド廻りには「読書灯」スイッチがあって、つけると、天井からピンスポット。
飛行機みたいです。

眺めも、山側ながら夜景はすごくきれい。

ここは、ノボテル、モントレに続き1人ではいたたまれなくなる部屋です。

あまりのいたたまれなさに、きっぱりたばこをやめた私ですが、シガー+
ウイスキーの1人酒盛り(~3時まで)。

できれば奥さんと来たかった。

*ゴージャスな割りに、各フロアにほぼ原価のドリンク自販機と無料のアイスサーバ
があり、非常に親切。あと、ANAのマイレージ対象でした。全日空ホテルダメだったのに。

アクセス★★☆☆☆
外観デザイン★★★★☆
ロビー空間★★★★★
客室からの眺め★★★★★
客室広さ★★★★★
客室デザイン★★★★★
ベッド★★★★★
バス★★★★★★
アメニティ★★★★★
対応★★★★★
コストパフォーマンス★★★★★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:旅行

0422:札幌全日空ホテル [hotel]

宿泊料:1泊シングル 6000円
部屋の広さ:21㎡
宿泊階:14階/26階
個別空調:あり
聖書:あり
その他:LAN有り


実は札幌で最初に泊まろうと思ったのがこのホテル。
だって、腐っても全日空ホテルですから。
東京で全日空ホテル泊まったら、ネットで捜しても1泊18000円くらいですよ。

外観は、メタリックなモノリスって感じで札幌駅前になかなかの威容を誇っています。

期待を胸にチェックイン。

ロビーはEV上がった2F。エントランスはそろそろ改装が必要なデザインです。

チェックインから部屋までは、女性従業員が案内してくれます。
さすがに荷物は持ってくれませんがそれでいいんです。
(時々か弱い女性が荷物持って行ってくれて困るホテルありませんか)

この女性従業員(なんていうんだろう?ベルガール?)の皆さんがそこかしこに
います。対応もきちっとしていてなかなか気持ちよいです。

14Fに到着。ところが、EV開くといきなり廊下。EVホールなしです。
普通だったら、EVホールにするところも部屋にしている超経済設計。
この辺の格調は著しく落ちます。

部屋はツインのシングルユース。
最後に打率を計算しますが、シングル→ツインへの振り替え率はイチロー超え確実です。

部屋はツインにしては手狭で、ベッドカバーのデザインも団体客仕様。
やっぱりそろそろ改装時期です。
眺めはまずまずですが、すぐ横にモントレエーデルホフ(0404参照)が建った今は、
アドバンデージとは言いがたいでしょう。

まあ、「全日空ホテル泊まった~」という気分をこの値段で味わえるなら十分でしょう。

*あと、yahooで予約したら、マイレージ対象外でした。ケチ。。。。

アクセス★★★★☆
外観デザイン★★★★☆
ロビー空間★★★★☆
客室からの眺め★★★★☆
客室広さ★★★☆☆
客室デザイン★★★☆☆
ベッド★★★☆☆
バス★★★★☆
アメニティ★★★★☆
対応★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

0421:ホテルクラビーサッポロ [hotel]

宿泊料:1泊シングル 5900円
部屋の広さ:30㎡
宿泊階:6階/6階
個別空調:あり
聖書:あり
その他:LAN有り、ズボンプレッサー各室あり


「大規模ホテルとは一線を画すもてなし」----
が売りのホテルクラビーへ。

その昔、鳴り物入りでオープンしたサッポロファクトリーの一画にあります。
ファクトリー自体は金曜の晩だというのに、閑古鳥の声がにぎやかです。
施設自体は空間構成といい、テナント構成といい申し分ないのですが、
やっぱり場所がイマイチなんでしょうか。。

もったいないです。

そんな中、若干不安になりつつチェックイン。

外観はきちっと建築家の手の跡が見えるデザイン。

ロビーも重厚かつ落ち着いたもの。

6階建ての小規模ホテルですが、今日の部屋はその最上階・ファクトリービュー・
ウイングのちょうど真ん中、という眺望はこのホテルで一番よい部屋。
眺望

金曜の晩に飛び込み予約なのに、大丈夫かなこのホテル。。。と余計な心配。

部屋はとにかく広い。数えたらシングルルームに椅子6つある!!!
天井も異様に高い!

インテリアも黒をベースにしたモダンなデザイン。

机も長くて、非常に使い勝手よいです。

しかし、ここのホテルの特筆すべき点はなんといってもバス!

広い!

便所・洗面所とはセパレートで洗い場付き。うちの風呂場より明らかに広いです。

入浴剤やゴシタ(ゴシゴシタオル)も完備。

いや~久しぶりに「風呂」入った感じ。

っていうことで、星取りチェックしてみたらアクセス以外は
ほぼ満点でした。

あえて文句をいえば、LANの異様な遅さ。
(ほとんどつながりません。あれじゃないほうがましです。)
でもそれ以外はほぼ満点なホテルです。

ファクトリーで買物して、映画みて、ビール飲んで、そのまま
2人でチェックインなんて使い方最高じゃないでしょうか。

アクセス★★☆☆☆
外観デザイン★★★★★
ロビー空間★★★★★
客室からの眺め★★★★★
客室広さ★★★★★
客室デザイン★★★★★
ベッド★★★★★
バス★★★★★
アメニティ★★★★★
対応★★★★☆
コストパフォーマンス★★★★★


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます